+++Happy ENd+++

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Country Road

私は、越谷育ちの、春日部在住(ほぼ越谷だけど)
ちょっと東京の足立にいたこともあるけれど
ちゃきちゃきの埼玉っ子だ

越谷の、
家から学校まで歩いて40分かかるくせに
家の窓から学校が見えるような
そんな田んぼ道に囲まれて育ってきた


子供の頃から好きだったかの有名な、Country Road という曲にこんな一節がある

Country road
Take me home, to the place I belong

ジブリでは、「この道をずっといけば あの街に続いている気がする」と翻訳されていた
でも、もともとの意味は、まぁ、そのものズバリなんだけど

「私がbelongする場所(home)に続く Country Road」という感じだ


私は、この to the place I belongというフレーズが大好きで
いつもこのフレーズを聞くと、涙が出そうになっちゃうのだ

何度引越しをしても、
どんなところにいようとも、

私が【所属】しているのは、あの越谷の田舎道だ

所属、縛り。

うん、私はそこに縛られているし、そこから抜け出せないし、
その代わり、そこに愛されている
そんな気がする

そこに居ることが赦されているような、そんな大仰な感覚さえある


春には土手に桜が揺れて
夏には風で揺れる一面の緑の稲
秋には稲穂と籾殻を焼く独特の匂いがして
冬にはさえぎるものがない道を北風がびゅうと吹く


そこは私が、「帰る」場所なのだ
いつでも私の心の欠片は、精神は、そこに宿っている


記憶は、いつも、私を愛し、慈しむ。



PS
ついでに言うなら、私にとっての「日本」も、8割方はこの範囲内に格納されている。
英語がしゃべれても、私の感覚なんてこんなものだ。
中田英寿よ、笑わないでおくれ。
3LDKの国際感覚。
携帯祖国。






さくら さくら
あと少しだけ 僕のわがままを聞いて

さくら さくら
届けておくれ 花びらに想い乗せ

さくら さくら
舞い踊るように 暖かい思い出つつみ

さくら さくら
咲かせておくれ あの人の居ない道を

さくら さくら
君の言葉を 僕は今ここで思い出す

さくら さくら
聞こえてくるよ あの日の ありがとう 
[PR]
by laikan | 2008-02-20 11:53

かもしれない

免許がゴールドになりそうです。
それはイコールペーパードライバーということですな。

この間、ふと、ペーパードライバーをWikiで調べてみたのですが
その定義はこうでした。

「運転免許を取得し、現に有効な免許を保有しているものの、自家用車を所有していないなどの理由で、普段運転することがない者をいう。運転技能が低下している場合が多い。公共交通機関の充実している都市圏(特に首都圏、京阪神都市圏)においては自動車の運転をしなくても日常生活に支障を来さない事が多く、運転免許証が身分証明書として便利であるとか、資格を持っていると有利という理由で免許を取得する者が多いことが背景にある。 」

>公共交通機関の充実している都市圏(特に首都圏、京阪神都市圏)においては自動車の運転をしなくても日常生活に支障を来さない事が多く

そうなんですよね~。
まったく必要なしです。
電車が走ってるじゃないですか。
最寄り駅なんてそこじゃないですか。
お店も歩いていけるじゃないですか。
無理して運転する必要なんてないんです。
確かに助手席に乗ってると楽なのは実感できますが、運転する方は大変だと思うんです。
運転するのが好きじゃないと。
でも意外にも運転する事自体が好きな人ってたくさんいて
そういう人からしたら私の頑なな運転拒否の姿勢はさぞかし不思議に見えると思ういます。
何がそんなに嫌なのかと。
私は逆に言いたい、なんでそんな余裕ぶっこいて運転してられるのかと!

なんかみんなも一回くらい聞いた事あるんでないですかね? 交通標語で、

「だろう運転をしない、かもしれない運転を心がけよう」

みたいなの。かもしれない運転っていうのは、

右折待ちで、直進車の動きに対して「思ったより速く進んでいるかもしれない」と判断して、
十分な余裕ができるまで右折を待つ。
見通しの悪いカーブなどで、「対向車が来るかもしれない」と判断して、
十分に見通しがよい場所に到達するまで追い越しを行わない。
前方の車を追走する状態で、「急ブレーキをかけるかもしれない」と判断して、
十分な車間を確保する。

みたいな危険をつねに念頭においた運転の事です。
逆にだろう運転とは楽観的予測をもって運転することで、

見通しの悪いカーブなどで、「対向車は来ないだろう」と判断して追い越しを行う
前方の車を追走する状態で、「急ブレーキをかけることはないだろう」と判断して、
十分な車間を確保しない。
深夜や僻地の道路において、「こんな時/所では歩行者はいないだろう」と判断して、
歩行者がいない前提での運転を行う

などを指して、危機に直面したときに適切な回避が行えないので危険だと言う訳です。
ほんとにそう、私なんかは悲観主義のパイオニアなので
みんなのだろう運転が怖くて仕方ないのです。

「他の車が交通ルールをまもるだろう」

みんなそう思って運転してるでしょう!? 
それが怖いんです。
車の運転なんて8割「だろう」で行ってると言っても過言じゃないですか?
大体からしてあんな死角だらけの乗り物ですべてを把握できる訳がない。
かもしれない精神の私は怖くて運転出来ないんです。

「対向車が車線を越えてこちらに突っ込んでくるかもしれない」
「みんなが赤信号を守らないかもしれない」
「この車には爆弾が仕掛けてあって時速80キロ以下にすると爆発するかもしれない」
「車が落雷にあって、タイムスリップしてしまうかもしれない」
「私が車を運転していると思っているけど、
本当は車が私を運転している夢をみているのかもしれない」
「生きて帰れないかもしれない」
「実はもうすでにベットで危篤状態なのかもしれない」
「アポロは本当は月に行ってないのかもしれない」
「友達とばかり思っていたけど運転席のあの人の事を私は好きなのかもしれない」

あーもう!
これじゃあ運転なんてちっとも出来やしない。
やっぱりね「だろう運転」は必要ですよ。
友達も言ってました「事故った事ない奴で運転が上手い奴なんていない」って。
オプチミストで行かないと車どころか一歩も外に出なくなっちゃいますよ。
もう家と漫画喫茶を往復して暮らして行きたいのもやまやまだけどそうも言っていられない。

「きっとあの人も私の事が好きだろう」

人生クラッシュしてなんぼなんですね。
あー想像するだけでやだ壁に向かってフルスロットルみたいな事。
日本ペシミスティアン・ウルフ(希少種)の私にはなんて高いハードルだろうと思います。
ほんと車なんて廃止しちゃって全部道路にレール敷けばいいのに。
みんなレールに乗っかって流されていけばいいのに、そしたらめっちゃ楽じゃない。

運転も、もちろん人生も。
[PR]
by laikan | 2008-02-17 10:17

眠れぬ夜に

嬉しいも
哀しいも
気持ちいいも
全て脳内の麻薬物質の化学反応
シナプスのオンとオフの
2進数の感情たち

科学のメスが入って
こころが0と1に還元されて
それでも残るものはなんだろうか

ひそやかで
ささやかで
かけがえのない
私達のこころ

眠れぬ夜空に口笛を吹く




「 好きに、理由をつけたくなかった。
 理由のない好きでいたかった。
 それがもっとも尊いことだと、みんなが言うから。
 でも……僕はそんな自由な人じゃなかったよ。」
[PR]
by laikan | 2008-02-02 03:11



Happy ENd Ⅱ       ときどきマビFEZ風味
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
+++Links+++
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧