+++Happy ENd+++

スパイラル


中国が好き・嫌い、という話はもういい加減やめてくれないかな、と思う

自分の意見を持つということと
声高に意見を主張することは違う
議論抜きで
主張抜きで
生きていくことはできないけれど
それを声高に主張することと
意見を持つということは違う


年齢が上がるにつれて
私たちは意見を【主張】することを求められる
成人すればそれは義務だし
青年には青年で【青年の主張あれかし】と暗黙の抑圧があるように思われる

大人は子供の主張なんて、聞いてくれない、
みたいな浅薄なテーマの漫画や映画、テレビやドラマも多い
(そしてその主張のほとんどがテンプレ的なもので泣ける)

でも、本当にそれは内発的な主張なのだろうか?

主張することを【求められて】
半ば自動的に何かを訴えているのではないだろうか?


主張はいつも、自分の中の【問い】から生まれる
【問い】を抜かして【答え】だけをインプットした主張を聞くたび
私は体中から力が抜ける思いがする

そういう主張には
相手の主張を聞く作法や
深くその問題について知ろうという真摯な態度が
決定的に欠けているからだ


ディベートという名のスポーツを私は信じない


中国の反日感情や、日本の反・反日感情
うずまく悪意のスパイラル


中国嫌いという人は
はたして中国のことをどこまで客観的に知っているのだろうか
反日感情だけで動いている人たちは
自分たちの思想がどういう思想に立脚しているかについてどこまで自覚的なのだろうか
チベットについて何を知っているのだろうか
クルドとトルコについてはどうか
東ティモールとイスラエルについてはいかがか
バスクとスペインはどうなのか
アメリカとアルカイダも忘れてはいけないだろうか


まずは知ること・共感しようとすることから私は始めたい
[PR]
by laikan | 2008-04-20 19:20
<< Bad Apple! わーにんわーにん >>



Happy ENd Ⅱ       ときどきマビFEZ風味
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
+++Links+++
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧